産学共同最先端太陽光発電システム

円筒型太陽光発電モジュール ソリンドラ

円筒型太陽光発電モジュール「ソリンドラ」は、農作物に必要な光、雨、風を通すことで太陽電池の下での農業を可能にします。

円筒型太陽光発電モジュール ソリンドラ
農地で農作物を生産し、さらにエネルギーの生産をすることで、収入の安定化を図ります。

CO2の削減が深刻な問題となっている中、農業においてもクリーンエネルギーの活用が望まれています。従来の太陽光発電システムでは、遊休農地や休耕田に対する設置に限られましたが、「ソリンドラ」は装置架台下の農地に光や風を取り込むことができるので、従来型に比べて支障なく農産物を栽培できます。
農産物の生産と、電力エネルギーの生産を同時に実現することで、安定した農業経営が可能になります。

※2012年7月1日からの再生可能エネルギーの固定価格買取制度の導入決定(再生可能エネルギー特別措置法)

高い発電効率
優れた耐久性
簡単設置
環境仕様

設置場所やそれぞれの条件に応じて、自由に規模を決めることができます。

学校・教育施設における太陽光発電の導入イメージ
学校・教育施設における太陽光発電の導入イメージ
学校・教育施設における太陽光発電の導入イメージ

学校や教育施設の花壇や菜園などをに太陽光発電を導入することで、環境負荷低減の効果が期待されることはもちろん、食育と再生エネルギー教育の教材として活用できます。
また、学校や教育施設が地域にとっての環境・エネルギー教育に対する啓発の先導的な役割を担うこともできます。

屋上緑化 + 太陽光発電の導入イメージ
屋上緑化 + 太陽光発電の導入イメージ
屋上緑化 + 太陽光発電の導入イメージ

太陽光発電には屋上は最適な場所です。
すでに緑化されたビルや工場の屋上に架台を設置する場合でも、植物を犠牲にすることなく、緑化と発電を両立させることができます。
緑化による効果で建物内部の温度上昇を抑え、さらに発電でクリーンな電力を得ることができます。

下記の実証実験にて影響が無いことを確認しました
下記の実証実験にて影響が無いことを確認しました

・農作物の生育 兵庫県相生市:
同じ農地でソリンドラ設置の有無で、農作物(わけぎ、ねぎ、小松菜)の生育に差はありませんでした。

・台風の暴風雨 沖縄県名護市:
2011年8月の台風9号(最大瞬間風速約50m/秒)8月4日15 時~8月6日正午頃まで暴風域に入っていた。
上記を含め、国内9ヶ所にて実証実験中(岩手、名古屋、兵庫、広島、島根、大分、 沖縄